脱毛サロンの体験後の勧誘について

脱毛サロンによっては勧誘をしないと宣言しているサロンもあります!

脱毛サロンの勧誘
 『エステ=勧誘』というイメージはもう古い?もしそんなイメージをお持ちでしたら是非読んでみて下さい。
 各サロンによって勧誘の程度は違うようです。同じサロンでも同様店舗によっても異なるというのが勧誘です。体験後にもう契約前提で話を持ってくるサロンもあるようですし、全く勧誘がなくて逆に通いたいと思ったのにどうしたらいいか聞くようなサロンもあるみたいです。もし料金的に高かったり、対応が悪くて通うのはイヤだと思ったりした場合、事前に勧誘をされても断れる様に理由を考えておくと良いですね。それでももし心配でしたら、各サロンのホームページで勧誘No宣言しているところもあるので、勧誘が苦手な人は『強引な勧誘はしない』と記載されているか事前に調べてから行くと安心ですね。
 “勧誘”というとイメージが悪く聞こえがちですが、サロン側としては自社の効果を宣伝・営業・勧めるという意味ですので、一概に全く勧誘がないというのも困ったものです。勧誘にも質があると言えます。というのも強引にサロン側のペースで勧めてくるのは悪い勧誘といえるでしょう。しかし、カウンセリングの最中に自分の悩みや不安に対してしっかり聞き取ってくれて、説明の途中で質問がないか聞いてくれるサロンはとても丁寧といえるでしょう。
 以上のことからも勧誘に対して不安なイメージは無くなったと思うのですが、万が一断りきれないような情況になった場合上手な断り方として、『他のサロンと比較してから決めたい』というのが一番有効的な断り方です。価格が高いから...といった理由を述べると価格を下げて他のプランを紹介されるケースがあるので、他と比較したいというのが一番それ以上勧誘されないポイントなんです。
 しかし、強引な勧誘に対して厳しい時代になってきたので、そこまでサロン側も契約するまで帰しませんというまで強く出てこない傾向にあるようですので、安心してください。

円満な勧誘の断り方とは?

 エステサロンで脱毛体験をした後、カウンセリングが行われるのが一般的です。体験の場合はまだ契約もしていない状態ですから、サロン側としては今後も通って欲しいと思うものですよね。そうすると、本コースへの契約に勧誘される場合もあると思います。
 勧誘されることが苦手な方は多いでしょう。断るのが苦手な方は、勧誘が嫌で脱毛を受けたくてもなかなかサロンを利用する決心がつかない場合もありますよね。しかし、上手な勧誘の断り方もありますので、それを把握した上で足を運んでみてください。 いくつかのサロンで脱毛体験をした後で比較検討し、1つのサロンで契約をする人は多いのです。ですから、勧誘された時には「他のサロンの脱毛も試してみたいので、今日は契約が出来ません。」とはっきり伝えるようにしましょう。その際にお互いが嫌な気持ちにならないように、お手入れ自体はすごく良かったなどと付け加えると良いですね。そうすると、今後契約する可能性があるとサロン側に思わせることができます。
 断ってもしつこく勧誘されるようであれば、そのサロンは避けた方が良いでしょう。はっきりと断っているにも関わらず勧誘してくる場合は、契約した後も様々なコースやお手入れを勧めてくる可能性があります。反対に、一度断ればしつこく勧誘せずに、笑顔で丁寧に対応してくれるところもあります。サロンの中には「しつこい勧誘をしません」と掲げているところもありますので、そのようなサロンでまずは体験を受けてみるのも良いかもしれませんね。

page top